スマホなどのデジタル遺品整理をする際に多いのが、パスワード解除ができないというトラブルです。スマホには個人情報が残っています。生前整理を行っておけば、遺品整理の際にトラブルは発生しません。こちらでは、生前整理の特徴と、スマホの生前整理が必要な理由をご紹介します。

スマホの遺品整理業者をお探しでしたら、iGoneをご利用ください。遺品整理の他、パスワード解除、携帯電話会社の解約代行などを承ります。

生前整理とは?

エンディングノート

生前整理は最近割とよく聞く言葉ですが、具体的に何を指すのかをご存知の方は少ないと思います。生前整理を簡単にご紹介しますと、自分が生きているうちに持ち物や財産を処分しておくことをいいます。

具体的にいえば、存命のうちに遺産配分をしておく、不要なものは処分しておく、相続できる不動産があれば売却するなど、家族に迷惑をかけない整理方法を指します。生前整理をすることで、遺品整理時に家族間のトラブルが発生するリスクを軽減できます。

最近では、遺品整理時のデジタルデータの処理に困る遺族も多く、デジタル面でも生前整理を行うことが勧められています。デジタルの生前整理では、PCやスマホのパスワード解除をしておく、死後不要になるネット決済などの解約をしておくようにしましょう。

特にネット銀行の口座は、後の金銭トラブルになりやすいです。あらかじめ解約しておくか、パスワード解除が可能になるように、ノートに書き留めておくなど、対策しておくことをおすすめします。

iGoneでは、生前契約の元、スマホの遺品整理、パスワード解除、解約代行サービスを提供しています。独自のデジタル遺産意思表示証を発行(ご購入)いただくことで、第三者の方へご契約者様の意思を伝えることが可能です。

トラブル回避のために!スマホの生前整理をしよう

スマートフォン

遺品整理の際に家族に迷惑をかけたくないなら、デジタル遺品についてもしっかりと生前処理をしておきましょう。

スマホやPCなどが遺品として残された場合、持ち主しかパスワードがわからないと開けません。不要なデータならよいですが、重要なデータが残っているかもしれないので、中身を見ないことには処分も難しくなります。

そのため、スマホなどのデジタルデータは、存命のうちに整理をしておきましょう。上記でも書きましたが、パスワードなどはノートなどに書き留めるなどしておきましょう。

デジタル遺品整理は、専門業者に頼むこともできますが、それなりの費用がかかることもあります。生前整理をしておけば、費用がかかることもありません。

パスワード解除や解約は、本人でなければ難しい面もありますので、遺品整理時に家族が困らないように、しっかりと生前整理を行い、後のトラブルを防ぎましょう。

スマホの遺品整理が必要な方はiGoneへ!パスワード解除・解約代行も可能

スマホなどの遺品整理では、トラブルが起きやすいです。遺品整理時に家族に迷惑をかけないためにも、生前整理を行って、死後の憂いを取り除いておきましょう。

スマホのデータ整理が必要な方は、iGoneにお任せください。万が一の際には、ご所有の通信端末をiGoneが処分いたします。また、パスワード解除・解約代行も承りますので、お気軽にご相談ください。

スマホなどの遺品整理・パスワード解除・解約代行の依頼はiGoneへ

会社名 iGone合同会社
英文社名 iGone LLC.
代表執行役社長 熊澤 慶
資本金 1,000,000円
住所 〒108-0014 東京都港区芝4丁目7−6 芝ビルディング 704
TEL 03-6822-3213(代表)
メールアドレス contact@igone.co.jp
HP URL https://www.igone.co.jp/
取引銀行 みずほ銀行
楽天銀行
GMOあおぞらネット銀行
事業内容 【デジタル遺産意思表示証】の発行及び生前デジタル遺産整理サービスの関連事業
取得許認可 古物商許可 神奈川県公安委員会 第452680012840号

iGoneデジタル遺産意思表示証に関するお問い合わせ03-6822-3213受付時間 9:30 – 17:30 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはメールにて お気軽にお問い合わせください。